ゼブラ:サラサクリップ(白軸)0.5mm・名入れご注文ページ

ゼブラの知る人ぞ知る大定番、サラサクリップの名入れ専用白軸!

<只今お得なキャンペーン中>

名入れペン担当バイヤーの高木です。水性顔料ジェルインキのなめらか書き味と、発色の良さが人気のサラサクリップ。このペンに名入れ専用の白軸(ホワイトボディ)があるのをご存知でしょうか?

名入れノベルティ専用ですので、店頭では販売しておりません。つまり、文具が好きな方にとってはレア物ですね。

※サラサが5,000本から完全別注できるようになりました。どこにもないオリジナルペンを作りたい企業様はどうぞ。

白いサラサ、登場。


ゲルインクの伸びがなめらかで、どんどん筆が進むから、持ち手に負担を与えず、ストレスなしで書ける!

あ、突然ですが水性インクとゲルインクの違いってご存じでしょうか?どちらも水性なのですが、実はゲルインクのほうがにじみにくい特性を持っています。ゲルインクは、通常の状態では中粘度(油性のように粘りがある)のゲル状ですが、力が加わると低粘度(水性のようにサラサラ) になるという性質があります。

これを利用して、筆記時、ペン先のボールが回転することによりゲル状から水のようになるので、軽い筆圧でなめらかに書けるのです。さらに、書いた後は粘度の高いゲル状に戻るため、にじみにくいというわけです。ゲルインクってすごいですね。

サラサのロゴはクリップ裏に移動

サラサは、発売以来ファンを増やし続けている、日本を代表するゲルインクボールペンです。一度使うとやめられない方も多く、リフィル(替芯)のまとめ買い現象が多い品番です。

また、筆記の色が濃く、くっきりしていることでも知られています。ゼブラさんの商品で比べると、通常タイプの油性であるタプリクリップの黒色は青味の黒。なめらか系のスラリの黒色は赤味の黒ですが、サラサの黒は本当の真っ黒。これは並べて比べてくるとよくわかります。(写真ではわかりにくいです。スミマセン!)

好みもありますが、この「真っ黒」が好きという方は多いですね。

サラサの黒さ

サラサは日本を代表する水性ジェルボールペンです。

ゼブラロゴ

サラサクリップ名入れ専用白軸の製品仕様は?

・ジェルインクなので、さらさらとしたなめらかな書き味です。耐水性に優れた水性顔料だ から、濃くてにじまず、鮮やかな発色と豊富な色が楽しめます。

・可動式バインダークリップの採用により、厚みのあるボード等にもはさめ、クリップ折れを軽減させます。

・日本製、本体サイズ:直径軸径11.0×全長141.0mm、10.9g

・軸等に再生材を使用し、エコマークを取得、グリーン購入法に適合しています。

・サラサクリップホワイト軸0.5mmのカラーラインナップは以下になります。

サラサクリップ白軸カラー

・名入れ範囲は以下です。通常のパット印刷の場合6x50mmですが、スクリーン印刷の場合はグルっと15x45mmの広範囲に可能です。また、クリップ部分にも印刷することができます。(4x20mm)

サラサクリップ白軸名入れ印刷範囲

 

ゼブラロゴ

サラサクリップ名入れ専用白軸ノベルティのお値段は?

最後に、気になるお値段です。これも、つばめやのノベルティペンの鉄則通り、いつものお値段構成でご提供させていただきます!

muryou

本数
価格(送料・税込)1本あたり単価
【個包装オプション】のし袋・のし箱
(詰め作業代込み)(一本あたり・税込)
100本
¥10,800 (¥108
⇒PP袋(透明のビニール袋)¥2
⇒のし袋¥2  (印刷ありの場合)¥5
⇒のし箱¥5  (印刷ありの場合)¥8
※詰め作業代込み
200本
20,000 (100
300本
27,900 (93
400本
34,800 (87
500~900本
41,000~ (82
1000~1400本
78,000~ (78
1500~1900本
112,500~ (75
2000~2900本
146,000~ (73
3000本以上

ゼブラロゴ

納期は速くなりませんのであしからずご了承下さいませ。

以上、当サービスのご説明をさせていただきました。もしご不明の点がございましたら、つばめやまで何なりとおたずね下さいませ。

最後に、ご注文方法ですが、ファックスにて承っております。下にあるボタンよりオーダーシート(PDF)をダウンロードしていただき、お手数ですが印刷、内容ご記入の上、つばめやまでファックスをお願いいたします。

ファックスのエラーが心配なお客様は、送信のあと、つばめやに電話かインターネットで確認していただけると確実です。

newordersheet

上のボタンを右クリック、「対象をファイルに保存」して下さい。(PDFファイル) ⇒印刷してご利用下さいませ。
*最新のPDFリーダー(Adobe Reader)はこちらからダウンロードできます。


コメントは受け付けていません。