良いノベルティ名入れペンを作るコツ

良いノベルティペンの定義とは何でしょうか?

いろんな考え方があると思いますが、「安くて(コストは抑えながら)、宣伝効果がバッチリなもの」というのはひとつあると思います。

安いというのはそのままですのでわかりやすいですが、宣伝効果があるというのはどういうことでしょうか?

それはズバリ、差し上げた人が長く使ってくださることです。

どういうペンなら、長く使ってもらえるのか?それは、普段から使っていても恥ずかしくないもの、つまりセンスのいいもの、カッコいいものです。

長く使っていただければ、そのペンに印刷されているブランド名や会社の名前をずーっと見続けていただくことになります。ザイオンス効果。いわゆる単純接触効果(繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果)ですね。自然と愛着がわき、ファンになってくれる可能性が高いのです。

また、大学生協さんなどでの、オリジナルグッズとしてのノベルティペンもそうですね。学生さんが買ってくれて、愛着を持って使う気になるクオリティとセンスが必要です。そういうノベルティのお手伝いをしたいのです。

具体的にいくつかご覧いただきましょう。例えばこちら。

生茶のペン

そうです。サントリーさんの生茶のノベルティペン。

これは弊社で手がけたものではありませんが、偶然もらって感動しました。
ただ白でロゴがプリントしてあるだけですが、ボールペンのボディ(軸)の色と相まって、なんともいえない「生茶の世界」を醸し出しているではありませんか?

これはどこのペンかというと、ゼブラのタプリシャープです。105円の、どちらかというと安価な普通の商品。それでも、ペンの地の色をうまく利用することによって、こんなにステキなノベルティを作成することもできるのです。

つまり、性能がいいから良いとか高いから良いとか、そういった理由だけでペンを選ぶのではなく、会社や商品のテーマカラーなどとペンの色の相性をよく考えて、うまく賢く作るのも手ですよ!というわけです。
とにかく、ノベルティの役割は、渡した相手の印象にどれだけ残るかが勝負です。もちろん高価なものをもらったら、それはそれで印象に残りますが、なるたけ販促費は抑えたいところではないでしょうか。

では、これはいかがです?

ファイヤーフォックスのフリクションボール

これもいただきものですが、ブラウザソフトFirefoxさんのフリクションボール。名入れ専用の白軸に、ロゴマークがくっきり映えまくりです。ご覧のとおり、キツネさんのロゴは多色ですので、インクジェットでのフルカラー印刷となっています。

こちらもそんなに高いものではありません。インクジェットのフルカラーは一本あたりプラス20円ほどでいけますが、このクオリティなら納得ですよね。

三菱鉛筆プロマークビュー蛍光ペン

これは三菱鉛筆さんの自社作成見本ですが、このプロマークビュー(蛍光ペン)はボディがクールな黒ですので、言葉が特に映えますね。

黒に白文字は最強!メッセージをガッツリ伝えたいときには、最高だと思います。

JALのジェットストリームペン

こちらも見事なノベルティですね。ただ、これは無料で配布されているものではなく、JAL公式グッズとして販売されているものです。

みなさんよくご存知の三菱鉛筆のジェットストリームの名入れ専用白軸ですが、実はいろいろよく出来ていて、個人的に感動しております。よろしければブログの記事をご覧になってください。

スチームクリーム

これも同じくジェットストリームの白軸(オレンジ)ですが、女子に大人気、スチーム(蒸気)のチカラでふわっとつくり上げた全身用保湿クリーム、STEAMCREAM様のノベルティを作らせていただきました。こちらも見事ですよね。コーポレートカラーであるオレンジと、ペンの軸色(グリップ)をマッチさせています。

まるでSTEAMCREAMさんの特注で作ったペンのように見えますね。でも、実は白軸にオレンジ一色のシルク印刷をしただけなのです。これは技ありだと思います!

STEAMCREAMフリクション

そして、、、そうなんです。STEAMCREAM様はフリクションの蛍光ペン、フリクションライトの白軸でもノベルティペンを作られているのです。バッチリ決まってますよね。

ここまでが名入れペンの成功例だとしたら、では、このペンはいかがです?

普通のノベルティ

ゼブラさんごめんなさい。(これは定番のタプリクリップボールペンです)

非常にわかりやすいキャッチコピーは良いと思うのですが、普通のゴシック体で文字が書かれただけのこのペンをもらって、仕事などで今後どんどん使う気になりますでしょうか?

せっかく作るのですから、これではもったいないですよね。なんか地味すぎる!つばめやは、こういう「もったいないノベルティ」を、この世の中からなくしたいのです。

もちろん地味が悪いわけではないんです。地味カッコいいのを狙うのも、企業様によっては大いにアリなのですが、そこはいろいろ考えたほうがいいと思うのです。同じ価格で、もっと自社のテーマカラーに近い色のペンがあるかもしれない!とか。お渡しするお客様の層がよろこんでくださる機能を持ったペンがいいのではないかとか。

でもって、つばめやはそういうお手伝い、大好きです。お金じゃなくて知恵を出しましょう!どうぞ気軽にご相談ください。御社に最適なペンをご提案します。(このサイトに掲載されていない素晴らしいペンは他にもたくさんあります。)

ある程度のことでしたら、デザインのサポートも無料でいたしますよ。例えばフォントを変えてみるとか文字のレイアウトを工夫するとか。お見積り依頼なども遠慮無くどうぞ。

お問い合わせフォーム